革靴を大切に扱う

革靴は、靴の種類の中でも比較的高級な分類に入ります。有名なブランドの製品となれば尚更です。せっかく良い革靴を購入していても、手入れを怠っていたら長持ちせず、短期間で壊してしまう事も珍しくありません。革靴は専門店で修理をお願いする事は可能ですが、出来れば修理に依頼するのではなく、始めから大切に扱ってあげるのが望ましいでしょう。

革靴を手入れするタイミングとしては、履いたその日、一ヶ月に一回、雨天、傷をつけた時、などがあげられます。履いたその日はブラッシングで汚れを落としたり、乾いた布で綺麗に拭いたりするなど、こまめな手入れが大切です。月に一回の手入れは、革靴用のクリームなどを使い、保湿や栄養補給をさせてあげると綺麗に保たれます。

雨の日に履いた場合、しっかり水分を取除き、専用のクリームを使ったり、撥水スプレーを使ったりしてケアを行いましょう。傷をつけたりしてしまった時も、専用のクリームで色を隠したり、保湿をしてあげたりと、こまめなケアが必要です。基本的に、こまめに汚れを取除き、保湿させてあげる必要があります。革靴は水分が失われると変形を起こし、本来の形状が壊れてしまう場合があります。そうなると専門的な靴修理が必要となる可能性もあるため、日頃から丁寧なケアを行いましょう。

スニーカーを長持ちさせる

スニーカーは、安価で買えるものから、有名なブランド製品であれば高価なものもあります。こだわりがある方は何足も所持しているかもしれませんが、やはりひとつひとつを綺麗に保ち、長持ちさせるのに越した事はありません。部分的に欠損させてしまうと、修理をお願いしなければならないため、出来れば普段から丁寧なケアを行っておく必要があります。

基本的な手入れとしては、水に濡れてしまった場合、必ず乾かして保管するようにしましょう。汚れが付いている場合には、専用の洗剤で磨く必要があります。汚れは放置していると落ちづらくなり、見た目が悪くなってしまいます。

スニーカーはプライベートで履かれる事が一般的ですが、普段から履いていると、徐々に靴底が擦り減っていきます。多少のすり減りであれば、自身で補修剤を購入すれば、修理する事が可能です。

もし、自分で治せないという場合には、専門店に依頼すれば、スニーカーであっても修理をお願いする事は可能です。低価格で購入した靴であれば、購入費用より修理費の方が高くついてしまう可能性も考えられますので、修理にかかる費用はあらかじめリサーチしておくのがおすすめです。靴を長持ちさせるためにも、痛めてしまわない使い方を覚えるのも大切でしょう。

ビジネスシューズのケア

プライベートやビジネスシーンなど、あらゆる場面で愛用される「靴」は、普段からこまめなケアを行う事で、長持ちさせられるようになります。毎日必ず履くものですが、ケアは疎かになりやすいと思います。ケアを怠っていると、本来は長く履けた靴も、短期間で壊れてしまう事があるため、適切なケアの知識を身につけておくのが大切です。特に高価なビジネスシューズに関しては、普段から綺麗に手入れを行っておくのも、印象に大きく関わるものであるため欠かせません。

ビジネスシューズにおける頻繁に修理する可能性が高いのがヒールの箇所です。歩く事で自然と磨耗しやすく、すり減っていくと見た目や歩き心地に悪影響を及ぼします。ヒールの部分は1センチほどすり減ってしまったら、部分的な修理をお願いするのが望ましいと言えるでしょう。

次につま先ですが、一般的にビジネスシューズは多くても3層くらいで構成されています。すり減りで1層が失っている状態になれば、修理をお願いするのが良いでしょう。1層のみの修理であれば低価格で済みますが、靴底全体を張り替えるとなると、さらに費用が高くなってしまいます。靴修理はなるべく早めに行っておくのが望ましいと言えます。

靴修理で大切にしよう

大切な靴を少しでも長く履き続けるためには、定期的な靴修理が大切です。しかし、靴について詳しい知識がないと、どのようにケアをしたら良いのかわかりません。当サイトでは、靴を長持ちさせるための靴修理に関する知識を紹介しています。

靴を定期的に修理しておくメリットとしては、やはり長持ちする事があげられます。さらに、長持ちさせる事には経済的な利点もあります。低価格の靴を何度も買い換えるよりも、例えブランドの高価な靴を買ったとしても丁寧なケアを続けて長持ちさせた場合、高級な靴を長持ちさせた方が経済的なコストを押さえられる場合があります。思い入れのある靴である場合、少しでも長持ちさせたいと思うのは自然ですが、靴にかけるコストを押さえたいという場合にも、定期的に修理したり、毎日の手入れを丁寧に行ったりする事は、とても重要な要素であると言えるのです。

また、日頃から手入れを行い、定期的に靴修理を行っていると、ビジネスシーンで使う革靴の場合は印象を良くします。営業マンなどの人前に出るケースの多い職種の場合、足元をみられる事も少なくありません。普段から革靴専用のクリームを塗ったり、汚れをこまめに落としていたりするだけでも、見栄えは変わりますし、味が出て良い見た目になっていきます。修理というとコストがかかるという印象を受けるかもしれませんが、結果的に靴を買い換えるより経済的負担を抑える事にもつながりますし、資源を無駄にしていないという気持ちの豊かさも生まれますので靴を修理して長く履けるように心がけましょう。

TOPIC-http://www.kutsusenka.com/service/shoe-repair/