革靴を大切に扱う

革靴は、靴の種類の中でも比較的高級な分類に入ります。有名なブランドの製品となれば尚更です。せっかく良い革靴を購入していても、手入れを怠っていたら長持ちせず、短期間で壊してしまう事も珍しくありません。革靴は専門店で修理をお願いする事は可能ですが、出来れば修理に依頼するのではなく、始めから大切に扱ってあげるのが望ましいでしょう。

革靴を手入れするタイミングとしては、履いたその日、一ヶ月に一回、雨天、傷をつけた時、などがあげられます。履いたその日はブラッシングで汚れを落としたり、乾いた布で綺麗に拭いたりするなど、こまめな手入れが大切です。月に一回の手入れは、革靴用のクリームなどを使い、保湿や栄養補給をさせてあげると綺麗に保たれます。

雨の日に履いた場合、しっかり水分を取除き、専用のクリームを使ったり、撥水スプレーを使ったりしてケアを行いましょう。傷をつけたりしてしまった時も、専用のクリームで色を隠したり、保湿をしてあげたりと、こまめなケアが必要です。基本的に、こまめに汚れを取除き、保湿させてあげる必要があります。革靴は水分が失われると変形を起こし、本来の形状が壊れてしまう場合があります。そうなると専門的な靴修理が必要となる可能性もあるため、日頃から丁寧なケアを行いましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket