スニーカーを長持ちさせる

スニーカーは、安価で買えるものから、有名なブランド製品であれば高価なものもあります。こだわりがある方は何足も所持しているかもしれませんが、やはりひとつひとつを綺麗に保ち、長持ちさせるのに越した事はありません。部分的に欠損させてしまうと、修理をお願いしなければならないため、出来れば普段から丁寧なケアを行っておく必要があります。

基本的な手入れとしては、水に濡れてしまった場合、必ず乾かして保管するようにしましょう。汚れが付いている場合には、専用の洗剤で磨く必要があります。汚れは放置していると落ちづらくなり、見た目が悪くなってしまいます。

スニーカーはプライベートで履かれる事が一般的ですが、普段から履いていると、徐々に靴底が擦り減っていきます。多少のすり減りであれば、自身で補修剤を購入すれば、修理する事が可能です。

もし、自分で治せないという場合には、専門店に依頼すれば、スニーカーであっても修理をお願いする事は可能です。低価格で購入した靴であれば、購入費用より修理費の方が高くついてしまう可能性も考えられますので、修理にかかる費用はあらかじめリサーチしておくのがおすすめです。靴を長持ちさせるためにも、痛めてしまわない使い方を覚えるのも大切でしょう。