靴のつま先の底が剥がれた!靴修理で元通りにできる?

お気に入りの靴を履いて出かけようとしたら、つま先の底が剥がれかかっていた!なんて経験ありませんか?
つま先はぶつけることや擦ってしまうことが多いため、傷みやすい箇所です。
つま先の底が剥がれかかったままでは歩きにくいですし、見た目もよくありません。
捨ててしまうという選択肢もありまが、その前に靴修理を考えてみませんか?

自分で靴修理をしてみる

接着剤靴を修理したいと思った際、どのような方法で修理するのが良いのでしょうか。まずは靴修理のプロに依頼することが考えられます。ところが靴修理の専門店が近くになかったり、持ち込む時間がなかなかとれないというときもあります。そのような時には、自分で修理してみるという手もあります。場合によっては専門店に依頼するよりも、安く済ませることができます。特につま先の底の剥がれの場合、靴の底は合成ゴムやポリウレタンでできており、それを本体に接着しているものがほとんどです。ですから、接着剤で再度接着し直すことで修理できます。剥がれが小さい場合や、お金をかけたくない場合などは試してみる価値はありそうです。

まずは靴底の汚れを落として清潔な状態にしてから、剥がれた部分に接着剤を塗って接着します。この時、接着剤は靴本体側ではなく、靴底側の方に塗布します。接着剤は、靴修理用の接着剤が販売されていますので、それを使用するといいでしょう。剥がれた部分が小さく、接着剤を塗りにくい場合はヘラを使って丁寧に塗っていきます。接着剤を塗る面積は最小限に抑えます。しっかりと接着したら固定して、あとは接着部分が乾くのを待つだけです。基本的な手順はこのようになります。しかし靴の素材や接着剤によっては手順が違う場合もあります。靴用接着剤を使用の際は、説明書をよく読み実践してください。また、接着剤での接着は時間がたつとまた剥がれてしまう恐れがあります。

そんな時は、ネジで本体と靴底を接着してしまう方法もあります。この方法は靴底が薄かったり柔らかかったりすると貫通してしまい危険なため、硬く分厚い靴底のときに使用して下さい。またここで注意したいのは、靴底の接着が接着剤ではなく、縫製で接着されている場合は自分での修理ができません。その場合は、専門店に持ち込んで見てもらいましょう。また、接着剤が上手く塗れず、はみ出て靴を汚してしまうことも考えられます。自分の手で修理することに不安がある場合は、無理せずプロに依頼することをおすすめします。

靴修理専門店に依頼する

自分で修理することに不安があったり、傷みが激しい場合は、靴修理専門店に依頼してみましょう。つま先の底の修理の場合、剥がれが小さいものであればその場で10分ほどで仕上げてくれる店舗もあります。急ぎでなければ、靴を預けておいて後ほど都合の良い時に受け取りに行くことも可能です。つま先の底の修理の場合、つま先の底を接着することはもちろん、すり減った部分の厚みを整えて耐久性のある素材を貼り付け調整してくれます。素材を張り付けることにより、すり減った靴底の厚みが戻り、違和感なく履くことができるのです。

また接着や厚みを戻すことだけでなく、補強を施してもらうこともできます。つま先は傷みやすい部分なので、またすぐに剥がれてしまわないようにしっかりと補強して貰えば、また安心して履くことができます。費用は接着のみであれば1000円以下の店舗もあります。補強を含めても1200円ほどから修理をしてくれる店舗が多数あります。靴の種類や傷み具合、希望する修理の範囲などにより料金は変動しますので、詳細な料金を知りたい場合は店舗に持ち込んで見てもらいましょう。

靴修理専門店の選び方

つま先の底の剥がれの修理を靴修理専門店に依頼すると決めた後、悩んでしまうのがお店選びです。料金も気になりますし、気軽に靴のことを相談できるお店を選びたいものです。まずは足を運びやすい近くの店舗を調べてみましょう。修理を依頼して、時間がかかるために靴を預けることになった場合に立ち寄りやすい場所にあった方が良いためです。思いがけず修理が必要になった時にも、すぐに駆け込める店舗を見つけておくと役に立ちます。

料金は、店舗によって様々なプランがありますが、ホームページで大まかな料金を公開している店舗が多いので調べてみると良いでしょう。特につま先の底の剥がれ修理は多くの人が依頼する修理です。そのため靴修理専門店の料金表の中には、つま先の剥がれやつま先の補強が必ずと言っていいほど含まれています。靴の種類や素材・状態によっては料金が高額になる場合もありますが、料金表を見比べ相場を知っておくと依頼しやすくなります。また店舗に持ち込み後、カウンセリングや見積もりを行ってもらうこともできます。

つま先を修理すれば長く使える

靴のつま先部分は、物にぶつかり擦れる場面が多く、特に傷みやすい場所です。底がゴムやポリウレタンでできている場合、湿気や紫外線にも弱いため、早く劣化することも多いのです。本体はあまり傷んでいないのに、つま先の底だけがベロンと剥がれて履けなくなってしまったという人も多いのではないでしょうか。そんな時は諦めずに、修理してみてください。一番最初に傷んでしまうつま先の底を修理したり、補強したりすれば靴全体の寿命も延びます自分で修理をして履き続けることもできますが、大事な靴や高価な靴などは、靴修理のプロに依頼して修理をするとより安心です

また、つま先の底が剥がれてしまう原因として、歩き方があげられます。靴のつま先を傷めないようにするには、しっかりとつま先をあげ、つま先に力を入れすぎずに歩くことがコツです。修理の回数を減らして、靴を長持ちさせるためにも履き方や保管の仕方を工夫してみることも大切です。靴の扱いや歩き方、靴修理の知識をつければ、お気に入りの靴を長く履くことができます。

つま先の底の剥がれは、靴修理で元通りになる!

つま先の底の剥がれは、比較的簡単に修理できます。自宅で自分の力で直す方法もありますし、靴修理専門店に持ち込めばしっかりと直してもらえます。靴のつま先は非常に傷みやすく、修理が必要になる場面が多い箇所です。修理の術を知っていれば、いざというときに役立ちます。また、信頼できる靴修理専門店を見つけておくことも大切です。

参考サイト: http://www.kutsusenka.com/service/shoe-repair/
靴修理を行っている業者【靴専科】です。


このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket